CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< ポンスイ2.27抜け | main | ポンド続伸 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ポンスイ2.28
GBP/CHF B 06/06/22 2.2718 x1
→GBP/CHF 06/07/18 2.2789 x1 +10,756 (rimit)
英経済指標が良く、最近のポンスイでは珍しい、力強い上伸び。
(このまま伸びて、しばらく落ちてこなかったりするんでしょうか…。)
これでポジは全て利確、フラットに。

ポンスイトレードをお試し中。
リレー方式(一定間隔で差し値・利確値を繋ぐ)で買い下がりで、
ポジ数は、結果的に最大4玉。

利益内訳は、買い下がりから利確までのスワップ益+
リレーの底から蓋までの差益+
レンジ内レンジ(行き戻り)になった時の差益。

底付近を正しく見込んで4玉仕込んで、
蓋で売れれば利益は2倍近くなった。
が、底の見込みに達しなければ利益無し、
予想の蓋よりあがってこなければ、利益無し
(利確するか判断を迫られる)。

レンジが続くという前提での、ポジ構成改善案として、
○証拠金の余裕にあわせて、リレーを2本にする。
(厳密に繋ぐ必要はもちろん無く、
ポジが増えすぎないように、適宜差し値をばらす。)
○下値を見込んで、例えば2.25台の差し間隔を狭め、
2.27付近では薄く、ポジらない。
○下値を見込んで、例えば2.25台のリミットを広げて、差益を増やす。

この案だと、良くも悪くも、一定間隔の値差し・利確に比べて、
収益がレンジの読みに依存する部分が多くなります。

レンジ下抜け時の損切り負担と、証拠金額を考えた上で、
適当なポジ数を取ることになりますが、
他の通貨ペアのトレードチャンスに取引する余裕を持ちたいので、
ポジはやや控えめで行こうかなと思っています。
| トレード | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:01 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://trondheim.jugem.jp/trackback/41
トラックバック