CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ポンドスイスのボラティリティ
29日はポンドスイスが派手に(150pips)下げましたね。
ポンスイといえば1年前くらいはレンジ内の動きが続いて、
気楽にポジりやすいペア、という認識だったのですが。
一度上抜けしてしまってから、ボラティリティが大きくなって
手が出しにくくなったなぁ、という印象です。
| 記事 | 00:38 | comments(8) | trackbacks(134) |
復帰に向けて。長期投資・スワップ派
長らく冬眠状態でした。久々の投稿です。
ここ半年くらいはポジ解消の上で注文せず。
週一くらいで見守るモードでした。
ぼちぼち、仕込んでいこうかなと思っていますが、
ひとまず今のポジション中立な立場で、
相場についての認識をまとめておくことにします。

○長期投資・スワップ派
長期投資でスワップ目当て、だから安全だ、
とついつい考えてしまいますが、
あくまでこの2つの言葉は、相対的な言葉と解釈するべきです。

たとえば証拠金100万円、MC(マージンコール)50万だとして、
A:1万通貨のポジションを5つ建てる場合よりは、
B:1つ建てる場合の方が長期投資で、スワップ派でしょう。
Aの場合は120円が110円になったら退場です。

でも、Bの場合でも、120円が70円になったら、
やっぱり退場です。絶対的には、安全ではない。
70円になるなんて、ありえない?
そうかもしれないし、ありうるかもしれない。
10年先の相場は誰にもわからないと考えています。

ありえるかもしれないけど、
急に70円にはならないし、そうなる前に、
ポジションを解消すれば良い、という考えが浮かびますが、
損は出ますね。

貯蓄と同じような長期投資を目指すなら、
やはり損切りはあってはならない、避けたいものなので、
下がっても損切りせずに耐えられるように、
ポジションを持ちすぎない(レバレッジに抑える)、
ボラティリティの小さな通貨ペアを選ぶ、
という点を抑えつつ、具体的な数字を計算する必要があります。

分散投資という言葉がありますが、
FXでスワップ派を目指す場合、スワップの多いペアは
世界的な金利差拡大・縮小の動きで、同じ方向を向いてしまう、
すべからく巻き込まれ分散できない、というパターンが観察されます。
分散の程度を予測・計算するのも大変ですし、
分散に期待せず、通貨ペアを絞って、
なるべく無理のないポジション数にすることを
大事したいなと思っています。
| 記事 | 03:38 | comments(0) | trackbacks(2) |
中長期ホールド検討
多忙にて放ったらかしてました。
現在週に1〜2度相場チェック出来ればといった感じで、
当面は、週足チェック・低レバ・プラススワップ方向で、
中長期ホールドのトレードに切り替えかなと思っています。

しかし、ポンドはあがったまま戻ってきてませんね。
ユーロがそろそろ行きすぎ調整本格化か、まだ暫く行くのかどうか。
NZに目先の好材料が無いのは相変わらずか。
例えば2000pipsくらい耐えれる余りを持っておけば、
下がってもある程度まで放置を継続できますが、
”高値から低値に行ったまま半年・1年・それ以上戻らず、塩漬け”
というのは避けたく、なるべく上向きに賭けたいところですが。
| 記事 | 23:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
ポンド続伸
ポンドが力強く伸びています。
ちょっと、行き過ぎかな?という気も。
ポンスイは直近高値(2/28の2.3050)付近の
挙動に気をつけていきたいです。

ポンド円は高値更新中で、逆張りは怖く、
トレンドにも乗り切れず。
週足でみると、2006/03からEUY/JPY, GBP/JPYは
同じように伸びていますね。
| 記事 | 02:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
雇用統計
今夜は雇用統計。
前回サーバが落ちたので、期待せず静観予定。
ポンスイは今週通して小幅レンジで、
今日はどちらかには動くでしょうか。
(ちゃんと掛かるかは別として…)
| 記事 | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
FXA証券の対応に疑問。
先日口座開設を申し込みんでみましたが、
一週間程で書類が返送されてました。
何か不備があったかなと確認したところ、
以下の趣旨の一枚紙が入っていました。

○弊社の規定により、「デモ口座」を1ヶ月以上ご経験後、
「取引確認書」をご提出いただくことになりました。
○「取引確認書」は、弊社システムの操作に慣れていただき、
お客様にお取引上のリスク等に関しまして
再確認して頂く意味もございましてご提出をお願いしております。

しかし、腑に落ちませんね。
HPの口座開設案内に、そんな規定の説明はありませんでした。
『為替証拠金取引の経験が浅い申請者は、デモ取引を1月経験した上で
取引確認書を同封し申し込み下さい』
というのであれば、まだ理解できるのですが。

一般論として、為替証拠金取引の口座開設の申し込みをする以上、
取引の結果、最悪自分の資金が無くなっても仕方が無いと判断していると
みなされてしかるべきだと思うのですが、
口座申し込み後に、「あらためて弊社のシステムで
デモ取引をして頂いた上で」といって書類を再提出させるのは、
正面から顧客を馬鹿にしていると感じました。
(今後FXAと付き合うことは無いでしょう。)

第2口座候補として、FXCMに作るか、
現在メインのFXonlineに積み増しするか検討中です。
| 記事 | 20:15 | comments(4) | trackbacks(0) |
ポンスイ動かず
バーナンキインフレ警戒発言、世界的な株安・商品市場安、
村上Fなどなど、金融関連の話題は事欠かないですね。

ポンスイは微動で差しにも利食いにも掛からず、
6/5から1玉ホールドです。
木曜のスイス政策金利・英米の指標でどっちかに振れるんでしょうか。
| 記事 | 06:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
口座増やし検討中
こないだの雇用統計の際、
"各社のレート提示額のばらつき"が
いくつかのブログで話題になっていました。

現在はFX Onlineで取引していて、
それなりに満足しているのですが、
少し運用資金を増やすつもりなので、
合わせて口座をいくつか作ってみようと思います。
(JNS、FXCM、FXAに資料請求中。)           
| 記事 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
今週はポジ無し
今夜は雇用統計。次の流れのきっかけになるのかどうか。
予想と逆に行ったときの
A戻らなかった時の損失
B塩漬けの間の機会損失
(必ずストップを付けるので、塩漬けはしませんが)
を考えると、やはり私は波待ちのスタンスになります。

あとはレンジ相場で、リミット・ストップの幅を小さく取って
引っ掛けるという手が浮かびますが、
期待利益に対してスプレッドの手数料の比率があがります。
レンジの範囲予想に自信が持てれば良いんですが、
自分の粗い読みだと、トータルで利益があがるか微妙なところ。

将来的に、こつこつ証拠金を増やして、
低レバでスワップ派というのはアリだと思っています。
| 記事 | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
5月4週のポンド円
4月〜5月上旬の期間、
一貫したポンド高、ドル安の流れの中で、
ポンド円は高所からスプラッシュマウンテン型の落下があって
比較的手をつけやすい感じに見えましたが…。

現在はポンド高が落ち着き気味、ドル円がふらふら彷徨っていて、
ポンド円もどうもはっきりしません。
無理せず、様子見でいきます。
| 記事 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>